· 

Happy New Year

こんにちは。フロリダ州オーランドのローカル情報サイト「OrlandoJP」の編集長ジモッティです! アメリカでの生活、ニュース、またアメリカから見た日本について等、幅広くお伝えしているブログです。

 

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

 

最近とても忙しくてブログの更新頻度を落としている状況なのですが、たまに何か面白い事があったりご報告したい事があれば更新して行きたいと思います。

 

さて、2021年ですがまずはアメリカは大統領選挙ですね。これが落ち着かない限り国としての方向性が定まりません。1月6日の上下両院合同会議である程度これが定まるとは思いますので、ペンス副大統領の勇気と英断に期待したいと思います。

(この辺りについて詳しくない方は少しご自身で状況を確認してみる事をお勧めします。)

 

さて、それから次は5月に行われる「世界経済フォーラム」(通称:ダボス会議)でしょう。

毎年スイスで1月に行われているものが今年はコロナの影響でシンガポール開催、時期も5月にズレ込みました。

しかし相変わらず議題は「グレートリセット」。

主に経済がリセットされるのではないか?という憶測の声が出ていますが、我々にそれを知る術はありませんので結果を待つのみです。

 

このダボス会議で方向性が決まり、我々はそれに従って生きるというのが現代のルールです。色々なことを想定して準備しておいてくださいね。

 

ちなみにダボス会議を起ち上げた人は「クラウス・シュワブ」という方ですが、ドイツの方です。実際は表の顔というだけで、元々この会議を創設したのはハプスブルク家に仕えた貴族の「T家」です。Tが誰というのはここでは伏せておきますね。

ちなみにハプスブルク家は世界を裏で牛耳っていると多くの人に勘違いされているロスチャイルド家に紋章を授けた側です。

 

という事でロスチャイルド家などまだまだ世界の支配構造の中においては権力者とは言えない、という事が分かりますね。

こういう事は一見「自分には関係無い」と思われるかもしれませんが、実際は世界の流れや将来を予測する上で最も重要な知識です。

特に投資をする人なんかには必須だと言えますので、色々調べてみてくださいね。

 

では、今年もまずは目の前の事を一生懸命頑張りましょう!

素敵な一年にして行きましょうね。

 

2021年元旦、初日の出